語学力以外が本当は問題!
英文契約書が理解できない理由を
通じての英文契約書(再)入門
〜誤訳以前に、欧米人の文化、思考、契約で大切な事柄が日本人と
全く違っている事例を紹介し、そこを気を付けて読む基礎知識を学ぶ
ために〜


講師から一言:英文契約書を仕事の関係で、読まなければならなくなった。でも、英語のままで読むのはお
っくう。では、翻訳してもらえばいいではないか。翻訳してもらったが、読んでもやっぱり分からない。こんな
経験は、ありませんか。
 あるいは、社内でたくさん英文契約書の翻訳の仕事をしてきて、自分でも本当にきれいな翻訳ができる
ようになった。でも、何か一歩足りないのではないかと感じている。でも、翻訳は完成の域に達しているよう
で、なにが、もう一歩なのか見当がつかず、ちょっと不満。という方もあるのではないでしょうか。
 これまで、英文契約書が読めないのは、日本人の語学力のせいとか、英語力がないからという解説があ
り、妙に納得してこられたかも知れません。今回のセミナーの目的は、英文契約書の本当のところが分か
らない理由は、語学力にあるのではないという点を中心に、英文契約書の読解力のブラッシュアップに挑
戦してみようというところにあります。
 まじめに英文契約書を翻訳しても、まだ分からないところが残る、あるいは外国企業の担当者と打ち合
わせても、相手方が何を言っているのか、もう一つしっくりこない。こんな不満(不安?)の原因を探って、
英語力以前に勉強しておくべきだったという論点をご紹介してみたいと思います。


1.英米の契約でも「約束」から始まること

   ●申込と承諾
   ●互いの同意
   ●無償の契約の効力、交換が必要か
   ●enforce って何だ
   ●なぜ、書面でないとだめなのか
   ●契約書に約束した内容が全部書いてある?

2.英文契約書の約束は守らなければならない

   ●約束は守らなければならないのは当たり前か
   ●英米契約法上の厳格責任ってなに?
   ●なぜ、英文契約書には「不可抗力条項」があるのか
   ●契約を守らなくても責任を問われない「不能」
   ●フラストレーションとは何か

3.英文契約書と「書いてないこと」

   ●どんな場合に契約違反となるか契約書に書いてある?
   ●契約違反の場合、契約解除がつねに出来るか
   ●解除の効果は、どこを調べる?
   ●解除と損害賠償の可否
   ●本当は、解除の要件も効果も契約書に書くべき

4.英文契約書に書かれていることの履行を求める

   ●約束したことだから、「そのとおり」履行してくれと言えるか
   ●コモンロー上の救済方法は金銭賠償とはどういう意味
   ●衡平法上の救済方法とはどんなこと
   ●契約の特定履行とその要件
   ●日本にはコモンローと衡平法はない?ドイツでは、フランスでは?

5.英文契約書の中のよく分からない規定

   ●権利の移転と危険の移転
   ●損害のたくさんの種類
   ●準拠法条項にある抵触法の規則を無視するとは
   ●人的裁判官管轄ってなに?
   ●外国の会社と契約を締結するときPDFでだいじょうぶ?

6.質疑・応答



講  師
弁護士
日  時
25年9月27日(金)10:00〜16:00
場  所
東京都内 
受講料
●1名(様)43,500円(消費税、テキスト代、お茶代を含む)
  複数でお申込の場合1名(様)38,500円に割引 
  ※割引の詳細は各種割引でご確認下さい
ここが安心・:お振り込み頂いてもご受講料は、3日前までならキャンセルでもご返          金致します。

個人情報の取扱いについて

開催日、講師等のお問合せは電話または
お問合せ・お申込フォーム
からお願い致します。すぐにお答えいたします
ビジネスセミナーの事なら 株式会社アクセスブレイン
〒170−0013東京都豊島区東池袋3−1−4  メゾンサンシャイン808


Tel 03-3987-3656 Fax 03-3987-7786

トップへ
トップへ
戻る
戻る


健康管理にアロエベラジュースを