色彩戦略

御社の商品を色彩心理、
ユニバーサルカラーの視点で分析してみませんか?

 多くの商品デザインが代理店やデザイナーの感性でつくられています 

 広告代理店などのマーケティングを裏付けにしているのは、「商品の価値」で、「パッケージに使われている色
彩」ではありません。 また、「パッケージのカラーリング」はデザイナーの感性によるもので、開発担当者がデ
ザイン的に美しい、他社の商品と異なるなどの理由で選んでいます。

 たしかに美しく仕上がってはいますが、その商品のカラーリングがどんな意味合いを持ち、どんな影響を与え
ているかをご存知ですか?

 多くの開発担当者が商品の「親切度」を知りません

 開け口を記すカラーリングや注意事項の読みやすさなどは、企業理念を象徴するとも言える消費者へのホス
ピタリティが表現しやすい部分です。しかし、デザインありきでこうした部分への色彩心理的な裏付けなどが把
握できず、せっかくのPRポイントを見逃していることが多いのが現状です。

 後付けでかまいません、御社の商品、商標の「裏付け」を確認しませんか?

 広報部などをご担当経験のある方は、メディアからの質問を受けられたこともおありかと存じます。その際、多
くの場合は以下のような項目がならびます。

  「商品開発のきっかけ」
  「商品本体の意味付け」
  「商品のパッケージ」
  「商品の特徴」
  「商品にまつわるエピソード」
  「商品をどのような人に使ってほしいですか」
  「開発秘話」

 これらの質問を投げかけられた時に、ただなんとなくと答えるわけにもいかず、デザイナーのセンスですとも答
えられず、さらにはマーケティングを基本にしてでは味気ないとお悩みになったことはありませんか?
 こうした事態に備えるためにも、色彩心理やユニバーサルカラーの観点から御社の商品を分析し、自社製品
への専門的な知識やメディア向けのコメントを備えておけば、いざという時に効果的なPRが可能です。

 ☆コンサルティングの実際

 商品、商標などの色彩心理、ユニバーサルカラー観点からの分析

 企業理念を反映した効果的な配色アドバイス

 色彩心理の観点からの色彩の持つ意味合い


 学問として難しくとらえるのではなく、マーケティングの観点とは一味違った分析法をわかりやすくお伝えし、具
体的な配色の改善点をアドバイスいたします。
 また、一般的なカラーコーディネーターと大きく違う「メディアへのアプローチ」講師が現役メディア関係者として
の観点から、実際にマスコミで話題になりやすいPRポイントも交えてお伝えします。

 「カラーコーディネートの資格でビジネスに成功する方法」TAC出版
 ※近日発売予定 大手から中小企業、個人事業主まで、色彩に関する企業側の意識や活用法、カラー資格
者採用の可能性を徹底取材 毎年10万人も排出されるカラーの有資格者へカラービジネスでの活路をアドバ
イス。

メールでお気軽にお問い合せ下さい。しつこい営業は致しておりませんので

お問合せ・お申込フォーム
からお願い致します

ビジネスマナーの事なら 株式会社アクセスブレイン
〒170−0013  東京都豊島区東池袋3−1−4  メゾンサンシャイン808
 Tel 03-3987-3656 Fax 03-3987-7786

infoa@access-brain.co.jp

トップへ
トップへ
戻る
戻る


健康管理にアロエベラジュースを